This website requires JavaScript.

1日1回のブレイクアウトです

宝くじミラートレード (2)

2019/05/03 07:54:05

0

昨年より取引しているEAの成績をアップします。ドローダウンの小さいので日々安心してトレードできます。また、なんと言ってもPFが大きなところがこのEAの強みです。

宝くじミラートレード

2019/05/02 14:30:51

0

昨年より取引しているEAは素晴らしく優秀ですので、複利トレードに切り替えました。まだ、10日間余りですがこの先何処まで利益を伸ばせるか書いていこうと思います。

サポレジロジック EURJPY

2019/04/29 09:34:12

0

ポンド円と同種のロジックです。3月20日~4月19日のバックテスト結果次いで、おなじパラメータでその後の取引結果を下記に示します。4月22日~4月26日この設定なら、4月29日の週も期待できるのではないでしょうか。

サポレジロジック GBPJPY

2019/04/28 14:44:16

0

言わずと知れたサポレジ逆張りロジックです。ポンド円の反応が良いので、先々週以前の1ヶ月間の最適パラメーターを使って、先週の結果を確認しました。3月20日~4月19日の結果バックテスト4月22日~4月26日バックテスト明日のリアルはこのロジックで取引します。

4月24日の取引

2019/04/24 07:56:55

0

昨日の状況は、キュウイ円に見切りをつけてボンド円に乗り換えましたが、ダブルで連敗を掴んでしまいました。最悪な1日でした。現在の状況ですが、キュウイ円の成績は連勝を続けてまだ上昇志向です。本日は、キュウイ円の勝ちが何処まで続くか見極めて、成績が落ちたときに売買シグナルの逆エントリーを狙います。

4月23日の状況

2019/04/23 05:57:06

0

AUSUSDに参戦しましたが、2連敗となって敗退しました。NZDJPYは2勝2敗ですがマーチンのおかげで+2です。ポンド円は2連敗した後3連勝していますAUSNZDは絶好のチャンスでしたが、参戦できず残念です。毎日、チャートを見ているとチャンスが分かるようになるかもしれません。動きの鈍いGBPAUDの代わりにAUDNZDに入れ替えました。昨日から取引したポンド円勝率は80%を越えてきたので、終了す

4月22日、こんばんの売買通貨

2019/04/22 22:24:50

0

その後の経過です。NZDJPYは、シグナルの逆エントリーでOKです。AUDUSDとGBPUSDはそろそろ参戦です。GBPJPYはダランベール法で負けを取り返しましたので実質10勝1敗です。NZDJPYは素直な動きをしますね。これから負け続けて、回復基調になれば参戦です。その他の通貨は準備OKという感じです。

ただ今ポンド円エントリー中

2019/04/22 19:25:49

0

昨日は、1分足・1分判定を書きましたので本日朝からリアルで取引しました。1分足はシグナル数が多いのですが、ロジックの通りに自動売買でエントリーするのは難しいこと分かりました。方向を切り替えて、5分判定でエントリー中です。通貨はポンド円で勝率が底を打ってこれから上昇局面になりましたのでエントリーしました。5勝1負で継続中。(MT4チャートでは負けていても実際は勝っています。)★★★ その後のエントリ

4月22日の取引可能通貨

2019/04/21 07:11:55

0

統計学バイナリーを使って,明日4月22日に1分判定で売買可能な通貨の画像をアップします。候補の通貨は4通貨ですので、過去24時間の売買回数は合計400回位あります。勝率ラインが短期移動平均線を超えたら買いで、ダランベール法を使ってbet金額を調整します。(勝率ラインが短期移動平均線を下回ったら、シグナルの反対にエントリーします。)資金10万円、bet金額を1万円として利益が3万円を超えるか、又は2

統計学バイナリーのリアル実戦記録

2019/04/20 07:03:19

0

いろいろ手法を試したけど、最終的に頼りになるのは「統計学バイナリー」と云う事が分かりした。来週からリアル取引記録を残したいと思います。

インターバル2の使い方

2019/04/06 10:54:33

0

https://www.gogojungle.co.jp/tools/indicators/17603時は金なり!!はいろいろなエントリー方法がありますので、商品説明とは異なる方法について解説します。☆今回のエントリー方法は至って簡単です。1)GMMAとMAの方向が上昇トレンドを選択する。2)前足が勝ったら次のローソク足でエントリーし、負けたら休む。基本は、インターバル2,スタート時間を1と2の両
ハヤブサ

故林輝太郎の中源線建玉法に魅せられてシステムトレードの世界に入るも手書きチャートが描ききれずに挫折。 元々株式売買から始めたがデーターが十分に揃っているFX及びバイナリーオプションの世界に参入しビギナーズラックで2000万円儲ける。 その後いろいろな売買法を試してきたが市場動向に翻弄されて完成した売買法はない事を悟った。 しかし、システム売買は捨てきれず、市場動向に流されないロジックの開発を目指す。 システム売買のデーターは価格であるが、市場動向に流されないと考えるとそれに変わるデーターが必要になり、究極的にトレード成績をパラメーターにする事を考案する。 最近は、短期間で最大効率を求める売買手法の開発を指向している。