This website requires JavaScript.

裁量スキャルトレードを支援してくれる神ツールを紹介します。


裁量1分足スキャルトレード(14)【4/16トレード結果】

2019年4月17日 17:21公開 / 2019年12月14日 00:15更新



裁量1分足スキャルトレード「JiatamaFX Scal」
のためのツールとして、
*「JiatamaFX Scal インジケータ」
*「JiatamaFX Scal エントリー&エグジット」

をgogojungleで販売してます。
アフィリエイトも可能ですので、紹介をお願いいたします。
ページ最後をご覧ください。

これらのツールを使った、4月16日の実際のトレードの様子をいくつか紹介します。

まず、エグジットのやり方をおさらいしておきましょう。
(11回にエントリーのやり方のおさらいがあります。ご覧ください。)
4月16日のトレードでは、売りエグジット(利益確定)です。

【売りエグジット(損切)】

スキャルなので、大きな傷を負わないことが基本です。
またスプレッドが小さく、手数料のないFX業者をすすめます。

以下のいずれかの条件で、裁量でエグジット(損切)決断!

・損失が5PIPS に達した時。
・利益が2PIPSを超えたら、損切値を建値に設定。
・買いのトリガーが発生した時。(再び黄色の縦線が出現した時。)

   以下のMACDの条件を無視した時、この条件で必ず損切決断!
・MACD(20,40,9)で、
 MACD>シグナル
 の時。
青色の縦線(点線、一点鎖線、直線)に変化した時。)

【売りエグジット(利益確定)】

スキャルといえども、利益を伸ばすことが基本です。
損切が5PIPS ですので、5PIPS 以上は狙いたいですね。
以下のいずれかの条件で、裁量でエグジット(利益確定)決断!

・「Envelopes(15,EMA,0.05)」バンドの下バンドに達した時。
(勢いがあって「Envelopes(15,EMA,0.05 )」バンドの下バンドを下に突き抜けた場合は、再び下バンドを上に突き抜けた時。)

バンドウォークして、さらに上昇することもあります。
・MACD(20,40,9)で、
 MACD>シグナル
 の時。
青色の縦線(点線、一点鎖線、直線)に変化した時)

”押し”で、この条件がでて、さらに上昇することもあります。

では、紹介します。

4月16日は、昨日と同じように動きの小さな一日でした。
トレード時間内の一日の値幅は、わずか34.6PIPSでした。

トレードですることは、
ツールに
相場把握をまかせ、エントリー/エグジットの決断だけ!

以下の画像をご覧ください。

FX業者は、OANDA。
時刻は、サーバ時間(+6時間で日本時間)。




上の相場の動き(ローソク足の動き)に似た動きがありました。
下の画像をご覧ください。
売りエントリーラインが出現し、かつOK!です。
その後急落!
見た目はよく似てます。
しかし、売りエントリーライン出現時の相場状況は全く異なります。
ルールでは見送りです。
確実性を狙っています。もったいないですが・・・





********************************************

下のバナーから購入をお願いいたします。
JiatamaFX Scal インジケータ【1ヶ月版】
1分足裁量スキャルへの神ツール!


売切版 19,800円
ただし、4月20日までは、14,800円
以下のバナーから購入をお願いいたします。
JiatamaFX Scal インジケータ
1分足裁量スキャルへの神ツール!


「JiatamaFX Scal エントリー&エグジット」
4,800円。
ただし、4月20日までは、3,800円
以下のバナーから購入をお願いいたします。
JiatamaFX Scal エントリー&エグジット
1分足裁量スキャルへの神ツール! 第2弾!



********************************************


次回に続く。





2019年4月17日 17:21公開/ 2019年12月14日 00:15更新

0


地頭FX

投資とコンピュータの両方がわかる男! 前歴は、システムエンジニア。 FX経験は、本格的に取り組んで10年。 5年前に、「地頭FX(JiatamaFX)」を発表し、裁量トレードを多くの方に紹介し、賛同をいただいた。 以後、一貫して、ツールを利用した裁量トレードを極める。 そして、昨年2018年10月に、ブログにて、1分足裁量トレード「JiatamaFX Scal」を発表。 これまでの経験の集大成です!  目指していたトレードの最終形です! 現在、以下のブログも運営してます。 「FXのMT4 EA自動作成ソフト(国内・海外)の比較評価」 http://fanblogs.jp/createea/ このブログの直近の内容は、本ブログと同一です。