This website requires JavaScript.

裁量スキャルトレードを支援してくれる神ツールを紹介します。


裁量1分足スキャルトレード(4)

2019年4月7日 15:04公開 / 2019年12月10日 01:15更新



(1)回~(3)回で、裁量1分足スキャルトレード「JiatamaFX Scal」のトレードロジックを説明しました。

このトレードロジックを、 
誤りなく、素早く、決断するために、
開発し実践しているツールが、
「裁量1分足スキャルトレードのためのEA:JiatamaFX ScalV5」
です。

「JiatamaFX Scal」のトレードロジックを理解された上で、忘れても大丈夫です。

トレードですることは、

EA:「JiatamaFX ScalV5」相場把握をまかせ、

エントリー/エグジットの決断のみ!

ですから

「裁量1分足スキャルトレードのためのEA」とはどんなものか。

エントリー、エグジットの最終決断は裁量で行います。
その決断のための相場把握・情報表示はEAが行います。
(EAですが、自動売買ツールではありません。売買支援ツールです。)
相場状況はビジュアルに表示されます。

その相場把握情報をもとに、
エントリー、エグジットは、EAが提供するチャート上の「ボタン」で行います。
もし誤った状況で「ボタン」を押した場合、EAがセーフティ判断しガード(無視)します。
車のアクセルとブレーキとを間違えても衝突防止するように。
このセーフティ エントリー/エグジットが、EAの最大の特徴です。

「JiatamaFX ScalV5」には、「相場把握機能」「ボタンによるオーダ発行/決済機能」の二つがあります。

まず「相場把握機能」について説明します。

エントリーやエグジットに必要な相場把握情報が、画面右側に表示されます。
単にチャートを見ていただけではわからない、現在の相場状況を、リアルタイムにイメージすることができます。
以下の二つの画像をご覧ください。

*エントリーしない相場状況の例(画面1):

(1)回、(2)回【1.買い/売りエントリーのトリガー発生】は、
黄色の縦線により知ることができます。


(1)回、(2)回【2.トリガー発生後の相場把握(ダマシの回避)】で説明した条件の状態は、オーダ判定シグナルでわかります。
この例では、エントリー回避すべき(●が二つ)となっています。
その理由がオーダ回避理由に表示されます。

また、(1)回、(2)回【3.買い/売りエントリー】で説明した条件は、
この例は、買いオーダ(青色表示)ですが、ダウはダウDw(赤色表示)となっていますので、エントリー回避です。



*エントリーする相場状況の例(画面2):

(1)回、(2)回【2.トリガー発生後の相場把握(ダマシの回避)】で説明した条件の状態を表示するオーダ判定シグナルは、エントリーOK(丸がすべて○)となっています。
オーダ回避理由にOK!!が表示されています。

また、(1)回、(2)回【3.買い/売りエントリー】で説明した条件は、
この例は、買いオーダ(青色表示)で、EバンドもEアップ(青色表示)ですし、ダウもダウUp(青色表示)ですので、エントリーOKです。



次回に続く。


2019年4月7日 15:04公開/ 2019年12月10日 01:15更新

0


地頭FX

投資とコンピュータの両方がわかる男! 前歴は、システムエンジニア。 FX経験は、本格的に取り組んで10年。 5年前に、「地頭FX(JiatamaFX)」を発表し、裁量トレードを多くの方に紹介し、賛同をいただいた。 以後、一貫して、ツールを利用した裁量トレードを極める。 そして、昨年2018年10月に、ブログにて、1分足裁量トレード「JiatamaFX Scal」を発表。 これまでの経験の集大成です!  目指していたトレードの最終形です! 現在、以下のブログも運営してます。 「FXのMT4 EA自動作成ソフト(国内・海外)の比較評価」 http://fanblogs.jp/createea/ このブログの直近の内容は、本ブログと同一です。