This website requires JavaScript.

FX歴は約17年、始めた時から専業トレーダーというニート。 17年前から分析方法は変わらずプライスアクション。

今日はファンダメンタルズ中心な動きに警戒

2019/11/15 16:04:59

0

昨日のドルの下落は今月に入って最も大きな下落となり、昨日https://twitter.com/FX85051529で書いたように、その材料となったのは、やはり「米中通商協議」を巡る動きでしたね。108.50を割ってテクニカルポイントもあり、利確の動きが出て戻してきてますが、ファンダメンタルズは改善されていませんので、引き続き注視したいですね。特に今日はファンダメンタル情報による値動き中心になるか

11/4の為替目線ー今日からNY冬時間

2019/11/04 08:58:44

0

NY市場は冬時間入りですね。雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)はGMのストなどで前回から落ち込んだものの予想より上回り、12月の追加利下げ期待の後退を裏付ける内容だったかな。ISM製造業景気指数は米製造業のセンチメント低下が続いていることを確認でき、時期は後退しているものの追加利下げ期待そのものは温存している状況。米中が閣僚級の電話協議を行い、米商務省が「原則コンセンサスに達した」との声明を発

2019/10/23の為替目線と戦略ーさらばドラギ&値動き収縮局面はバイーンの前兆

2019/10/24 11:43:26

0

前日の英議会の決定を受けて、リスク回避から東京時間に108円台前半まで値を落としたが、NY時間に入ると米株も底堅く推移しリスク回避の雰囲気が強まらずドルも買い戻しがはいりましたね。まぁ、トレンド通りの動きにはなっていますが、ボラがないのが・・・。(汗)108円台で上限.80くらいが重いですね。今日はドラギさん最後のECB政策金利ですね。この時間は注視しましょうあとは、耐久財受注とPMI。この辺りは

2019/10/23の為替目線と戦略ー上値追い停滞も・・・

2019/10/23 11:01:15

0

英国の10月31日のブレグジットが困難になったことでポンドが急落した影響や、25日に予定されている第14回米中閣僚級通商協議への警戒感などから、ダウ平均がマイナスに転じる中、リスク回避の雰囲気も出て上値が重い展開ドル円はここからの上値追いには新たな材料が必要そう。<23日・水>06:45 NZ9月貿易収支(通貨安や商品相場の下げ渋りなどが、輸出と収支の支援材料に)07:20 ケント豪中銀総裁補、パ

2019/10/22の相場目線

2019/10/22 13:52:21

0

米国債利回りも上昇しており、米株式市場も落ち着いた動きとなってドル円はじり上げ。ここからの上値追いには新たな材料も欲しいかなと思います。来週はFOMCがありますしFOMCに向けた思惑(※)も活発化してくる可能性もありますし、ドル円の上値追いを警戒している可能性も。(※)CMEがFF金利先物の取引から算出しているFEDウォッチでは、利下げ確率を90%台まで高めており、ほぼ確実視と世論は見ているよう。