This website requires JavaScript.

事件から見えてくる日本の真実


「カニバ パリ人肉事件38年目の真実」

2020年7月5日 08:55公開 / 2021年6月17日 05:03更新

「カニバ パリ人肉事件38年目の真実」

劇場公開日 2019年7月12日

ご記憶だろうか。

1981年、フランス・パリで起きた、前代未聞の猟奇殺人事件として世間を騒がせたパリ人肉事件。

 

狂気の猟奇殺人を犯したのは日本人留学生の佐川一政であった。

被害者の遺体を公園に遺棄しようとしているところを目撃され、逮捕された。

だが精神鑑定の結果、心神耗弱状態での犯行であったと判断され、不起訴処分となる。

 

逮捕後、被害女性の太ももの肉は、マグロに似ていて美味だったと供述している。

なんと彼は、小学生の頃から人肉を食べてみたい衝動に駆られていた。

 

このドキュメンタリー映画は、現在の佐川一政の姿と、彼を身近に支える人物の姿を描いている。

そこには、内なる暗い欲望を抱えた人間の、赤裸々な姿が映し出されていた。

 

佐川一政は、2013年に脳梗塞で倒れて、実弟の介護を受けて暮らしている。

作品は、兄弟の姿を至近距離から捉えた徹底したクローズアップで、密着かつ濃密な映像で描いている。

 

被写体に過剰なまでに接近する事で、今も闇を抱える彼と、それを支える弟の現在の姿を浮かび上がらせ、彼らの魂の極北まで描き出していくのだ。

 

あまりに衝撃的な内容に、各国の映画祭で途中退場者続出したという。

そして、日本の全配給会社が買い付けを拒否したという、いわく付きの問題作だ。

 

少年犯罪の加害者に、「人を殺してみたかった」というコメントがあったが、佐川一政の場合、「人を食べてみたかった」のだ。

彼の奥深い心の闇をさらけ出したとは、残念ながら云えないのだが、極限まで迫ったと評価できるだろう。

 

怖いもの見たさでもよい。

読者のあなたが、現実に少しでも不満を抱えて生活しているのなら、この作品は激しくオススメできる。


優位性のあるEAを無料で紹介しています。ホームページへどうぞ。

ダブルスチール投資法⇒earlybird65.jimdo.com

2020年7月5日 08:55公開/ 2021年6月17日 05:03更新

0


とよっチ

バラを愛する個人投資家