This website requires JavaScript.

FX・バイナリーの悔しすぎる戦記


徳田虎雄理事長「やればできる」

2020年7月7日 12:00公開 / 2021年4月21日 06:59更新

徳田虎雄理事長「やればできる」

夢の実現に必要なことは、やればできるの精神だ。

徳田虎雄は、徳之島の農家出身である。戦後、国立大学の医学部へ誰も入学したこともない徳之島高校から、大阪の今宮高校へ転校した。大阪大学医学部へ合格するためである。

その頃には、医師になるという明確な目標を抱いていた。それは、弟のみじめな死であった。今宮高校では、連日1日16時間机に向かったという。そして受験浪人2年間を加えて、見事に阪大医学部に合格する。父親は、彼をこう云って送り出す。「阪大医学部に入れぬようなら、生涯徳之島の土を踏むな」


徳田虎雄は、勉強ができる方ではなかった。むしろ嫌いな方であった。だが、心に念じて行動すれば、必ず実現する。要は行動だ。その後、彼は念願の勤務医となった。だが、医療現場の荒廃ぶりに驚いたのだ。「医療には今改革が必要だ。資金はないが、理想とする病院を作ろう」そう考えた徳田虎雄は、さっそく計画を立てる。予算を1億6千万としたのだが、自己資金は何もなかった。金を借りようにも担保が無かった。そんなマイナスからでも一切ひるまなかった。すぐに病院建設候補地の選定を始めた。その次は、地主との交渉を始めている。

同時に金を作る方策を考えたのだ。そして生命保険に注目した。つまり自分の命を担保にすることを思いついた。毎日「病院を作りたい」と念じながら銀行行脚に明け暮れた。すると、融資してくれる銀行が現れたのだ。構想を練ってから病院完成まで、なんと1年の壮挙であった。

徳田虎雄は「やればできる。具体的な目標があり、行動があるのなら、夢は自ら胸を開いてくれる」それは、難関だった阪大医学部への進学で自ら証明したことであった。


アーリーバードのホームページへどうぞ。優位性のあるEAを無料で紹介しています。また、投資情報を様々UPしています。

おススメは「ダブルスチール投資法」です。こちらからどうぞ⇒eralybird65.jimdo.com 

2020年7月7日 12:00公開/ 2021年4月21日 06:59更新

0


とよっチ

バラを愛する個人投資家