This website requires JavaScript.

ほぼ毎朝ツイッターで流している裁量トレードのシナリオや現在製作中又は運用中のEAやインジケーター等の事を書いていきます


10/8の到達目標値

2019年10月8日 14:49公開 / 2019年10月17日 03:02更新

今朝までの通貨の流れ「CurrencyStrength」5分足


↑朝6時段階の流れ、↓14:50頃の流れ

ドル円

先週の週足は上下髭のある少し長めの陰線、上は週足一目の基準線(108.418)、下は週足一目の転換線(106.456)が支えている格好
昨日の日足は上髭のある大陽線、先週金曜日が十字線だったこともあり、一時は底値割れを目指したが後半に上昇しているので一旦反転したと見える
直近の値動きは上昇分の調整と見える値動きであり、調整が終れば更に上昇という期待が高い

ただ注意したいのが本日午前に発表された指標や早朝流れたニュースの影響だろうか?
指標に関しては本日特別注意が必要と思われる物はないが、深夜に行われるパウエル氏に発言には注意したい


ドル円 6時計算(フィボPIVOT)

前日の変動幅 0.815

(R4 108.43)
R3 107.93
R2 107.62
R1 107.43
Pivot 107.116
(S1 106.80)
(S2 106.61)
(S3 106.30)

▲上に戻る


ユーロドル

先週の週足は下髭の長い陽線、最安値を更新した
昨日の日足は上髭が長い小陽線、昨日は1.10を試すもその後下落している
1時間足レベルで見ると最安値を付けて以降、底値を切り上げているのが見える
昨日の変動幅が普段より狭い点にも注意
上髭の長い日足の連続、1.10を3度試して上抜け出来なかったから下方向と思い込んでいると危ない

世界的に 景気減速懸念があるがユーロ自体には特に目だった材料はない
しいて上げるならばブレクジットではある物のこれも10月中旬に行われるであろう議会やEU側の反応次第
当面は英国及びEU絡みか米国絡みで相場が動くのではないかと思われる


ユーロドル 6時計算(フィボPIVOT)

昨日の変動幅 0.00386

(R4 1.1039)
(R3 1.1015)
R2 1.1000
R1 1.0991
Pivot 1.09766
S1 1.0961
S2 1.0952
S3 1.0938
(S4 1.0914)

▲上に戻る


ポンドドル

先週の週足は上下髭のある陽線、先々週の足と組み合わせるとはらみ足になっているようにも見える形
昨日の日足は上髭の長い小陰線、直近の値動きを見ると底値を更新している格好になる
本日はポンドも弱いがややドル安気味に動いている、これが欧州以降どの様になるか?

今回は図を2枚添付していますが、一旦天井をつけた後に半円を描くように底値を切り上げている
下降する可能性やカップアンドハンドル等のチャートパターンを作りにいく可能性は考えておきたい
本日は特に目立った指標はない



ポンドドル 6時計算(フィボPIVOT)

昨日の変動幅 0.00497

(R4 1.2384)
R3 1.2354
R2 1.2334
R1 1.2323
Pivot 1.23042
S1 1.2285
S2 1.2273
S3 1.2254
(S4 1.2224)

▲上に戻る


インジケーター

CurrencyStrength
投資ナビ+で紹介されました

CurrencyStrengthCurrencyStrength
商品ページはこちら

▲上に戻る

2019年10月8日 14:49公開/ 2019年10月17日 03:02更新

0


ToyBox

兼業投資家 2005年からFX開始 自作のEAを併用して裁量トレードをしています