This website requires JavaScript.

ほぼ毎朝ツイッターで流している裁量トレードのシナリオや現在製作中又は運用中のEAやインジケーター等の事を書いていきます


12/5の到達目標値

2019年12月5日 14:23公開 / 2020年1月20日 13:16更新

今朝までの通貨の流れ「CurrencyStrength」5分足


ポンドが強いが頂点は過ぎたか?
ユーロ及び米ドルが弱い
豪ドルと円は逆相関になっている、米ドルが弱いままであれば円高になる可能性はある

ドル円

10月の月足は十字線、11月の足は上下髭のある陽線で確定した
これにより一応トレンドが継続したと読めるのだが、3月の底値及び昨年8月の底値(109.7付近)がレジスタンスラインになるかもしれない
それを上抜けると2017年3月と5月及び2018年7月と9月の底値(110.2~3付近)
次が2017年11月底値と今年4月の底値(110.8付近)が候補になる

11/26~の週足は上髭のある陽線で2週連続陰線が出ていたが、それを打ち消す感じで上昇している
週足一目の基準線(107.053)転換線(108.069)、転換線が上になっている
雲の下限(109.585)が上にあるが徐々に薄くなり今週が一番薄い
また遅行線もろうそく足の上に出ているので形は良い感じで後は雲を上抜けすると3役が揃う


週足や月足で見ると上昇トレンドが継続しそうな形

昨日の日足はやや下髭の長い陽線、前日の足と組み合わせると「はらみ足」に見える
昨日は108.5を意識した動きをしたが、米指標が悪かったにも関わらず発表直後は下がった物のその後上昇するという動きになった
現在1時間21SMAの上にいて、上には4時間や日足の21SMAがある
この角度だと本日中に3本がクロスすると思われるが、その際にどちらのラインが優先されるかが見極め所となるだろう

本日は、9:30に豪指標、19:00にユーロのGDP、夜には米国指標がある


ドル円 7時計算(フィボPIVOT)

前日の変動幅 0.534

(R4 109.60)
(R3 109.27)
R2 109.07
R1 108.94
Pivot 108.745
S1 108.54
S2 108.41
(S3 108.21)
(S4 107.88)

▲上に戻る


ユーロドル

10月の月足は上下髭のある陽線、3ヶ月連続で陰線だったが反発し3月の底値付近
11月の月足はやや下髭のある陰線、1週目に大きく下げて以降底値を探る動きだった為、このような形になった

先週の週足はやや下髭の長い十字線のような形、下窓を開けてこの形なので「捨て子底」と呼ばれる形になり、次は陽線がくる可能性が高くなる
ただしこの形として成立するには、上窓を開けて今週スタートしなければならない
週足の一目均衡表の基準線(1.11448)、転換線(1.10285)でどちらも水平
現在転換線の下にいる為、まずは転換線の上に出る必要がある


月足週足共に底値は切り上げている物の、全体の流れとしては下方向が優勢

昨日の日足は上髭の長い小陰線、10/24底値、11/6~7高値、11/18~22高値付近と意識されやすい場所を上抜けはした物の戻されて引けた
僅かではあるが底値切り上げ、高値は更新している
4時間と日足の21SMAがもうすぐゴールデンクロス(GC)し、1時間足に近づいてくる
1時間の21SMAがほぼ水平となっていてこのSMA付近での推移となっている
このSMAの上にいる間は目線は上か?
4時間足がサポートになる可能性もある
昨日の日足が上髭の長い陰線である事から、そのまま下方向に行くことも考慮しつつ行いたい所

本日は16:00に独指標、19:00にユーロGDP、夜には米国の指標が並ぶ


ユーロドル 7時計算(フィボPIVOT)

昨日の変動幅 0.00493

(R4 1.1165)
(R3 1.1135)
R2 1.1116
R1 1.1104
Pivot 1.10860
S1 1.1067
S2 1.1055
S3 1.1036
(S4 1.1006)
(S5 1.0956)

▲上に戻る


ポンドドル

10月の月足は上下髭のある大陽線、11月の月足は下髭の長い十字線で前月の高値を更新せず確定した
月足的にはトレンド継続もあるが反転の恐れがある形で方向に注意したい所

先週の週足は上下髭のある陽線、6週連続高値を更新できていない状態
週足一目均衡表の基準線(1.24842)と転換線(1.26027)が逆転した、遅行線もろうそく足本体の上に出ている
先週は雲に突入中していたが、週が明けた事により雲の上に出て3役が揃った形
下限(1.28832)上限(1.29320)


月足では判断できないが、週足では上昇の可能性が高いと読める

昨日の日足はやや上髭のある大陽線
数週間揉み合いが続いていたが、昨日は11/8底値~11/18の高値に対しての161.8%に到達した
昨日の変動幅が約140Pipsと広い為、現在は調整と思われる動きとなっている
この付近は1月末から5月上旬で三尊天井を作った場所であり、色々と意識されそうなラインが並んでいる場所
現在は1時間の21SMAからかなり離れた事もあり、このSMAがサポートとなるかどうか?
目安で引いているチャネル(黄色い線)を上抜けした事もあり、ここがサポートになるかもしれない
当然割れれば目線の変更が必要となる

本日は英国の指標なく、夜には米国の指標が並ぶ


ポンドドル 7時計算(フィボPIVOT)

昨日の変動幅 0.01376

(R3 1.3205)
R2 1.3153
R1 1.3120
Pivot 1.30682
S1 1.3015
(S2 1.2983)
(S3 1.2930)
(S4 1.2845)

インジケーター

CurrencyStrength
投資ナビ+で紹介されました

CurrencyStrengthCurrencyStrength
商品ページはこちら

▲上に戻る

2019年12月5日 14:23公開/ 2020年1月20日 13:16更新

0


ToyBox

兼業投資家 2005年からFX開始 自作のEAを併用して裁量トレードをしています