This website requires JavaScript.

ファンダメンタルズ分析トレード


米議会証言を終えて方向感模索の1週間!! ~7月15日週の注目点とイベントスケジュール~

2019年7月14日 10:56公開 / 2019年8月26日 00:10更新

 

先週は、パウエルFRB議長の議会証言に注目が集まりました。 米雇用統計の結果が良かったことで、0.5%利下げ観測は後退、ドル高円安で109円越えるか!? という状況でしたが、パウエルFRB議長の議会証言で利下げ観測を否定しなかったことでハト派と受け止められ、ドル円は反転急落108円割れまで下落しました。 その後は、材料出尽くしで方向感なく週末を迎えています。

 

また、米株価は上昇を続けています。 ダウ平均は史上最高値更新、大台27,000ドルを突破しています。 米株は3指数とも続伸していますが、日本株は円高が重しとなっているのか!? それとも、日韓関係による半導体輸出関連企業の株価が重しなのか!? 日経平均は伸びきれずにいます。

 

今週は、株価上昇となるか!? 金利は上昇なるか!? 方向感は出てくるのか!? 気になります。

 

◎今週の注目点

 

1)地政学リスク

 

イラン核合意

イランの濃縮ウラン貯蔵量・濃縮度ともに核合意のボーダーラインを超えています。 これに対し、米国は制裁強化とともに武力制裁も匂わせています。 米国は中東情勢の警備強化のため有志連合を結成を示唆しています。

また、対英国では、イラン産の原油を積んだタンカーを英国軍が拿捕したことで、今度はイランの船が英国タンカーに接近し航行阻止との情報も出てきて緊張状態にあります。

イランは、核合意・濃縮ウランを盾に英・独・仏と交渉しようとしています。 制裁解除や支援がないと核開発を進めるとしています。

核合意を巡っては、米国が抜けています。 これに英国が続くのか!? フランス・ドイツはどうするのか!? 静観している中国・ロシアはどうするのか!? 注目しています。

 

トルコ

トルコは、ロシアから最新鋭防衛ミサイルシステム「S400」を導入、先週から納品が始まっています。 トルコはNATOに加盟しているにも関わらず、ロシアからミサイルシステムを購入しています。 このことで、米国はF35の納入を拒否しています。 F35を巡って、トルコと米国が対立。 トルコは共同開発したF35を渡さないのは、米国の強奪だと言っています。 米国は、ロシア製ミサイルシステムを導入すれば、F35などの機密が漏洩するとして、渡せないとしています。 今後、F35の導入と米国の対トルコ制裁の強化に注目です。

また、エルドアン大統領の支持率低下が、エルドアン大統領の暴走に......!? 中銀総裁を解任という暴挙に出ています。 月末のトルコ金融政策決定会合では、利下げもあるのではないかと見られています。 この状況でフィッチは格下げに動きました。 もし仮に、この状況で利下げに動くとトルコリラ安になり、トルコショックの再来になるのではないかと注目しています。 次回会合は7月25日です。

 

 

 

2)長期金利

 

最近のマーケットの注目は、世界的に緩和政策にシフトする中で、各国長期金利利回りの低下です。 ドイツ国債や日本国債はずっとマイナス圏で推移しています。

なかでも注目は、米長期金利です。 利下げが確実視されている米国では、一時2%割れしていました。 米雇用統計の結果を受け、7月の0.5%利下げ観測がなくなったことで2%台回復上昇しました。 ただ、パウエルFRB議長の議会証言が終了すると、7月の0.5%利下げ確率が再燃してきています。

ここから、本当に7月の0.5%利下げを織り込んでいくのであれば、長期金利も再度2%割れに向かうのではないかと見ています。 米ドルの方向性を見るのに、米長期金利は注目です。

 

 

 

3)英次期首相選

 

次期英国首相を決める、英保守党党首選が決戦投票にはいって、2週間がたちました。 来週23日には結果が発表されますが、一部情報ではボリス・ジョンソン前外相が勝利に必要な票数を獲得したとありました。 また、23日を待たずに、ジェレミー・ハント外相が撤退するのではないか!? という噂も出ています。 もしそうなれば、23日の発表を待たずにボリス・ジョンソンが首相に決まってしまいます。 ヘッドラインには注目です。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

7月15日(月曜日)

 

11:00 CNY 中国GDP

21:50 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言

 

 

7月16日(火曜日)

 

07:45 NZD 四半期CPI(消費者物価指数)

10:30 AUD RBA理事会議事要旨

16:00 TRY トルコ失業率

17:30 GBP 英雇用統計・失業率

18:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

18:00 EUR ドイツZEW景況感指数

18:00 EUR 欧州ZEW景況感指数

21:00 GBP カーニーBOE総裁発言

21:15 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言・ボウマンFRB理事発言

21:30 USD 小売売上高

 

 

7月17日(水曜日)

 

G7財務相・中央銀行総裁会議

 

02:00 USD パウエルFRB議長発言

04:30 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言

17:30 GBP 英CPI(消費者物価指数)

18:00 EUR HICP(消費者物価指数)

21:30 USD 住宅着工・建築許可件数

21:30 CAD カナダCPI(消費者物価指数)

23:30 USD 原油在庫量

 

 

7月18日(木曜日)

 

G7財務相・中央銀行総裁会議

 

03:00 USD ベージュブック(地区連銀経済報告)

08:50 JPY 貿易収支

10:30 AUD 雇用者数増減・失業率

17:30 GBP 小売売上高

21:30 USD フィラデルフィア連銀製造業景況指数

22:30 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

 

 

7月19日(金曜日)

 

03:15 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言

21:30 CAD カナダ小売売上高

23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

 

 

7月20(土曜日)

 

00:05 USD ブラート・セントルイス連銀総裁発言

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

05:30 USD ローゼングレン・ボストン連銀総裁発言

 

 

 

 

2019年7月14日 10:56公開/ 2019年8月26日 00:10更新

0