This website requires JavaScript.

日本株、米国株、外国為替の相場分析や投資戦略を、投資家の観点から考える実践ブログです。(毎週更新)。


【乱高下相場いつまで?】更なる急落は買い場か!?

2019年8月19日 11:02公開 / 2020年8月4日 15:48更新

以下ブログの一部抜粋記事になります。

全文お読みいただける方は、ぜひリンク先の本ブログにご来訪ください。

http://keroinvestment.com/




【乱高下相場いつまで?】更なる急落は買い場か!?


【一旦反発してますね】


先週のブログでは日本株、ドル円の戻り売り戦略としましたが、正解でした。


週末にかけては「ドイツの財政出動」や「中国の景気刺激策」への期待から買われました。

ただ、私はこれで調整が終わったかと言われると、まだ終わっていないかな??と見ています。



週足で見れば、現在は第2波動の終局を模索している段階です。

2


時間的にも価格的にも、8月終盤にかけて20,000円割れの安値を付けると非常にきれいです。


週足スローストキャスティクスが20を割れてくる場面では、かなりの買い場になると見ています。

注目しておきましょう。


次に日足です。

先週のブログに書いた通り、5月中旬のようなもみ合い相場になりました。


無題

短期的には底がそろって、反発に転じています。

ただし、このあと反発が弱く、2,3日横ばい方向に転じると、再び叩き込まれるリスクが高いと見ています。



次の重要日柄は、7月25日高値から1か月後の8月23日~8月26日あたりです。


そこに向かって再び安値をトライする局面は、絶好の買い場になると見ています。


なお、過去の調整波動終局を見ると、25日線かい離率が▲7%超と、週足スローストキャスティクス20割れの両方を満たしていることが多いです。


かなり良い所まですでに調整してはいますが、最後に激しい動きもあり得ることを心得ておきたいです。



なお、下値目途は、週足でも日足でも、19,600円~19,700円にフィボナッチポイントが集中しています。

3

【1】の76.4%戻し aの倍返し = 19,700円水準

その下となれば、年末年始の19,000円割れ水準ですが・・・



【今週の日本株戦略です】


うーん、短期的にどこまで戻るか、目途があまり見えません。

下値が何度も先週否定された後なので、大きめに戻るかもしれません。

ガンガン売るのも怖いです。


ただ先週末の材料で、売り込んできた外国人投資家が一気に買戻しに向かうとも思えません。


直近21,800円 ⇒ 19,960円 下落半値戻り 21,880円とか、21,000円とかが最大目標と考えていますが、そこまで戻らない可能性も視野に入れながらトレードしたいです。


今週は先週よりも慎重な目線で、戻り売りのポイントを探したいと思います。


とりあえず週明け21,600円くらいからポツポツ小さい玉で売り上がろうかな?考えています。



★先週のトレード★


先週の作戦通り、100円刻みの指値で売り上がりました。

リピートIF DONE は日・米株合わせて週間で101回利確しました。引き続き大入りです。



日経CFD
① 売 21,500円、21,600円、21,700円
⇒それぞれ+100円、+200円で分割利食い


②売 21,350円
⇒21,550円(▲200円)
週末に逆指値で損切りました。。売りで調子に乗りました。


③リピートIF DONE 自動売買 淡々と継続

⇒新規仕掛けは 売:買 を1:2のペースで回転中





【ドル円も作戦通りでしたが・・・】

・・・・・・・・続きは本ブログへお願いいたします。

2019年8月19日 11:02公開/ 2020年8月4日 15:48更新

0


投資家ケロル

投資家ケロルと申します。 投資スタイルは米国株の長期投資を基軸に、ファンダメンタルズに基づいたドル円中期トレード、日柄・チャート分析による日本株スウィングです。 ブログでは私の分析や実際の戦略、ポジショントークを勝手気ままにお届けします。(毎週更新)。 マーケットレポートや分析の仕事、個人投資家様からのご相談も受け付けています。