This website requires JavaScript.

日本株、米国株、外国為替の相場分析や投資戦略を、投資家の観点から考える実践ブログです。(毎週更新)。


【今週は買い場か!?】日・米株価は突っ込みも警戒

2019年8月25日 20:58公開 / 2020年8月2日 06:48更新

以下の本ブログの抜粋記事です。全文お読みいただける方は、ぜひ下記リンクの本ブログを訪れてみてください。

http://keroinvestment.com/




【日米株価は急落!】


前回のブログでは、株価・ドル円のさらなる急落に警戒し、上がったところはポツポツ売り上がる作戦だと申し上げました


結果的に週末に大きく下げました。


中国の報復措置の材料は事前にはわかりませんでしたが、チャートパターンや「相場のあや」という観点からも、もう一段調整する可能性が高いと判断していたわけです。


今後の展開も含めて、前回のブログからはほぼ変わっていません。


2

日経平均週足は、今エリオット波動第2波の終局を探っています。

まもなく、週足のスローストキャスティクスが20を割り込みます。

中期的な「買い場」が近いと考えています。



また、日柄的には第1波動4か月に対し、現在第2波動も4か月に迫っています。

日柄的なバランス的にも、そろそろです。




次に日足です。

3

日経平均は短期的には方向感が出にくく、究極の難解相場だとよく言われます。

ただし、少し時間軸を長くすると、とても美しいリズム感で動いていることが理解できます。


大きな動きは、「1か月」とか「2か月」のリズムで動いています。

その動きが合わさって、さらに大きな「1年」とか「1年半」とかの動きにつながります。



今回の下降トレンドは7月25日の高値から、8月26日の月曜日ですでに22営業日目です。

私は今回の下落相場は「1か月」調整と考えています。


その観点からは8月26日(月)~8月28日(水)くらいに安値を付ける可能性が高いと見ているわけです。


週足のポイントも近づいていることを考えると、今週は「買い場」になる可能性が高いと見ています。


ただし下値目途は難しいです。


下げれば「猛烈な国内公的&個人買い」 VS 「外人の売り」という構図で、先週も下値は堅かったです。


ただし調整一巡するには、更に安値を割って売り込まれないと、一巡感が出にくいとも思うわけです。


19,700円ところは、フィボナッチポイントが週足でも日足でも重なっています。


3


また、調整終局によくある25日線乖離率▲7%となれば、19,400円くらい。


さらにその下となると19,000円となりますが、、、そこまでは少し考えづらいかな?と見ています。




【今週の戦略です!】

続きは以下の元ブログをご覧ください。

http://keroinvestment.com/


2019年8月25日 20:58公開/ 2020年8月2日 06:48更新

0


投資家ケロル

投資家ケロルと申します。 投資スタイルは米国株の長期投資を基軸に、ファンダメンタルズに基づいたドル円中期トレード、日柄・チャート分析による日本株スウィングです。 ブログでは私の分析や実際の戦略、ポジショントークを勝手気ままにお届けします。(毎週更新)。 マーケットレポートや分析の仕事、個人投資家様からのご相談も受け付けています。