This website requires JavaScript.

日本株、米国株、外国為替の相場分析や投資戦略を、投資家の観点から考える実践ブログです。(毎週更新)。


【株の買戻しはどこまで?】中長期は強気だが・・

2019年10月28日 09:43公開 / 2020年1月20日 00:16更新


しばらくgogojungle 様のブログに投稿できておらず申し訳ありません。


元サイトでは毎週投稿しておりますので、よろしければ元ブログも応援よろしくお願いいたします。

http://keroinvestment.com/



ーーー


前半はいつもの雑談です。


色々な方のTwitter投稿をみていると、本当に色々な投資スタイルがあるなあ、と思うのですが、


だいたい大きくは2種類に分かれますね。




1.テクニック型(プロップ・トレーダー型)

【特徴】
①短期(デイトレ~1,2日)でレバレッジをかけて売買が多い

②プライス・アクションや、材料(ヘッドライン)を手掛かり

③経験則や反射神経を重視



2.資金マネジメント型(経営者型)

【特徴】
①中長期で「仕組み」を作って「お金に稼いてもらう」タイプ

②マクロ経済データ、企業決算、バリュエーション、期待値理論などを手掛かり

③仕組みの構築、資金管理を重視



私は後者の「2.資金マネジメント型」が主軸ですね。


一日中画面に張り付いてテクニックを磨くスタイルも否定はしませんが、その時間、私は「お金に働いて」もらい、自分は相場のデータ分析や、別の経験値を磨きたいというのが正直な考えです。




【皆さまはどちらですか??】

そこで読者の皆さまはどちらの投資(or投機)スタイルを追求されていますか??


メディアでは短期で大儲けするトレーダーの情報ばかりが強調される傾向にありますが、メディア情報に翻弄されないほうが良いですよね。


もうずいぶん昔の話ですが、私も若い頃は、短期で大儲けしたくて、どうしても「1.テクニック型」ばかりを追求しがちでした。


輸入事業で得た資金があったので、20代前半から先物口座に2,000万円くらい資金を入れて、高レバレッジをかけて「博打」を張っていました。(苦)


1か月で400万円稼いだと思ったら、翌月全部失うとか、むしろ数百万円マイナスになるとか、平気でやっていましたよ。(「若気の至り」ってやつです。


「テクニック型」への追求心が強いと、うまくいった経験が、「再現性のある勝利パターン」なのか、「まぐれ」なのか、分からないことが多いです。


もちろんテクニックを極めれば短期で数十億円儲ける人も「超超わずかに」いますが、ご自身の投資プランは冷静かつ現実的に構築する必要があります。


相場の世界は「謙虚が善」です


「強欲は善 Greed is good」は常に正しい訳ではありません




【私の手法ですが・・・】

現在の「仕組み」による余剰資金の一部で、新しい投資も少しずつ開拓していってます。


ただ基本は変わっていません。


「裁量」と「自動売買」、「長期」と「短期」を組み合わせ、「分散」と「資金効率化」を図っています。



1.アメリカ株の長期積み上げ+ホールド

マクロ景気の循環、個別企業の業績見通し、バリュエーション等を重視しています。


3指数のETFと、個別銘柄は Facebook、Amazon、Microsoft、Visa、Starbucks、Alibabaあとたまに航空株や金融株、といった感じです。



2.CFD株自動売買

アメリカ株指数、日経225がメインです。リピートIF DONE 注文を延々と繰り返しています。


景気循環やチャート・パターン分析に基づき、注文パターンを調整しています。相場次第でショート設定もやります。

ここ数年、最も利益を上げている投資で、かなり「オススメ」です。


自動売買で上がった利益は現物株の積み増し原資や、税金の支払いに充てています。



3.株スウィング

裁量売買です。日経225とアメリカ株指数、インド株指数、原油などをCFDや先物でやっています。


ただ自動売買があるのと、私は「雑魚なカエル」ですので、ここでは無理せず「得意な場面」に絞って取っています。


4.そのほか

FXの自動売買、ドル円、ポンド円のスウィングトレード、日本の個別銘柄スウィングトレードも少しだけやっています。

個別企業の決算分析もしていますが、裁量売買は基本的にチャートを頼りに、得意な場面だけやっています。



今日も雑談が長くなってしまいました。


以下はいつもの相場分析です。




【中長期的には強気なのですが・・・】


先週も株価は上昇しました。


日本株の基本的な見通しや戦略は変わっていません。


中長期的(1年程度のスパン)には、株に強気です。


中短期(数週間~数か月)では、景気循環に即したチャート・パターン分析で対応します。


今週も以下の通り見ていきますね。



【中長期見通し】

ざっと以下のような分析です。


1.約3年の景気循環から、景気先行指数は「停滞期」から「回復期」に移行しつつある。

42-1



2.2019年8月に、日経平均は底打ち(2番底)した可能性が高い。


3.先行指数が「回復期」⇒「好況期」と推移する中で、約1年から1年半程度の上昇局面になる可能性が高い


メインシナリオは、長期波動分析で日経平均ターゲット27,000円前後です。


42-2



4.バブル的な大幅上昇(とくにアメリカ中心)となった場合、その後のサイクル悪化場面ではリセッション入りを覚悟。


5.逆に過熱無き景気回復となり、株価も早めにヘタった場合、その後悪化しても絶望的な悪化になるリスクは小さそう。


↓↓来年どうなるのか、注意して見ていきましょう。

-42-3無題




【ただし目先的な動きパターンは??】


先ほども申し上げた通り、現在日経平均は大きな上昇第3波動にいると見ています。

42-2


第3波動は第1波動よりも時間的、値幅的に同じか、大きくなるのが普通です。


そうすると、第3波動の終局は23,500円以上、時間的には年末か、来年以降と考えておくのが今の所良さそうです。


ただし、時間軸を短くすると、強気で高値を買っていくにはやや警戒が必要です。

5


8月26日の起点から、2か月=45営業日くらいが「一つの相場」と考えれば、今週いったんの高値を付ける可能性がかなり高いと見ています。


上値の目安としては、8月26日から9月19日の第一弾上昇幅を、10月4日からの第二弾上昇に当てはめて 23,070円。


2018年10月高値から12月安値までの下落に対するフィボナッチ 76.4%戻し 23,150円。

こんなところでしょうか。


投資家は一定期間同じ方向に進むと、投資動向を月単位で変えてくるものです。


だから日柄分析はとても重要です。


もちろん、米中協議が抜本的解決に向かうなど、大きな材料が出れば別ですが。。。すぐに大きな材料が出てくるとは思っていません。




【では日足で見ましょう】

上記の通り、中期的にはまだ第3波の上値余地はあるため、それを頭に入れたうえで考えたいです。


ここからですが、今年の1月~4月にかけての動きに近いイメージを持っています。


42-4



来週高値を付けた場合、1,000円くらいの調整が入れば、年末に向けてもう一段高は十分ありうると見ています。


42-5


ただし、嫌なパターンとしては、そのまま上昇する可能性も「無きしもあらず」です。


42-6


ただしその場合、おそらくグローバルに好材料が出ている時でしょうから、私は現在保有しているアメリカ株の中長期玉をホールドすることで対応します。


あくまで日本株はリズムが狂わないように、パターン分析で予想がしやすい所でポジションを取っていきたいです。


ただ来年は上昇すると見ているため、中長期玉もどこかで少しだけ持ちたいです。



【今週の日本株戦略です】


先週はデイトレ的な買で+100円を2回取ったのみです。


今週は、22,250円の買い玉を利食いする予定です。


23,000円でひとまずは指値を入れておきますね。


その後、メインシナリオ通り調整となった場合でも、ショートはちょっと避けるのが無難かな?と見ています。


★先週のトレード★

日経CFD
①買 22,550円 ⇒ 22,650円(+100)

②買 22,500円 ⇒ 22,600円(+100) 

③CFDリピートIF DONE 淡々と継続

⇒先週はアメリカ株、日本株合わせて49回利確しました。す・・少ない。



【米国株は?】

米国株についても、中長期的には強気で見ており、日足も上抜けしそうに見えていますが、いつ大きなトレンドに入るか、わかりません。

42-7


出来高を伴って大きく上昇していくきっかけとしては、やはり「米中協議の大幅進展」だと思いますが、来年の春くらいに大統領選挙対策で何等かの妥協が示される気がしています。
(これは勝手な予想ですが・・


また、いずれ景気循環的に、指標も改善していくと思いますが、景気一致指標が明らかな回復を見せるのはまだ数か月先と見ています。


要するに、強気目線は良いが、爆上げモードは目先はまだ期待できないかな、といったところです。


やはり既存の買い玉をホールドした方が良いと考えています。


11月に日経平均は調整を予想しているので、同様にアメリカ株も押したところは追加で買いを検討します。





本日の内容は以上です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

今週も、謙虚に心穏やかに、自己研鑽に励んでいきましょう~~

2019年10月28日 09:43公開/ 2020年1月20日 00:16更新

0


投資家ケロル

投資家ケロルと申します。 投資スタイルは米国株の長期投資を基軸に、ファンダメンタルズに基づいたドル円中期トレード、日柄・チャート分析による日本株スウィングです。 ブログでは私の分析や実際の戦略、ポジショントークを勝手気ままにお届けします。(毎週更新)。 マーケットレポートや分析の仕事、個人投資家様からのご相談も受け付けています。