This website requires JavaScript.

FXトレードで増資する為の戦略・メンタルなど記述しているブログです

トレンドを追い続ける方法

2020/02/17 15:15:35

0

4時間足表示します30MAと60MAを表示させますMAクロスをトレンドと考えます トレンドフォローを60MAで追っていきますトレンド相場が出る事を確認しますトレンド相場が逆方向へと転換している事を確認しますその確認としてトレンドラインのサポレジを確認しますその後に、トレンドラインをブレイクするとフラッグを形成するので順張りエントリーしますこのエントリータイミングは非常に有能です何故かと言うと1、ト

サポレジの効く相場

2020/02/16 13:26:44

0

トレンド方向のトレンドライン天井で逆張り設置水平サポレジを方向の底として逆張り設置水平サポレジと角度サポレジで逆張り設置出来ます基本はストップロスをどの相場でも応用する場合「形」の意識が必要ですつまりはエンベロープがこの時必要になりますそれはサポレジを軸に相場が動いているからですその動きは必ず移動平均線に反映されるからですねそのエンベロープの上で動いているチャートのサポレジを意識すると分かりやすく

ストップロストレードで考える

2020/02/15 12:57:34

0

逆張りが効く場所としてはサポレジ これだけですそれ以外はトレンド時のサポレジではありますけどトレンド時こそ順張りの使い時なんですねトレンドだとするならば、順張りで良いはずなんです何故なら、そこで逆張りロジックの要領でトレンドで入ってしまいますと必ずナンピンのようにストップロスを入れてしまいがちになりますこれはもう逆張り目線のトレードと同じで何度もやってしまうものなんですだから必ず逆張りというのはレ

何で長期時間足の順張りが有効だと言えるのか

2020/02/14 16:09:53

0

順張りというのは逆張りと違って損が最初に出てきて後から利益が伸びるロジックですそして短期時間足はノイズあり+伸びてもpipsが大きくないというデメリットがあります長期時間足はノイズ少ない+伸びた時pipsが大きいというメリットがあります逆張りロジックの場合利益が次々と出続けて、最後に損切りしないと逃れられない相場が来ますかと言って、サポレジブレイクで損切を決めるとしたところで損が多くなるだけで、利

トレンドの最適化

2020/02/13 13:42:42

0

相場はトレンドしかないですその勢いがないとレンジという造語の相場が表れているというだけですその相場が強いとトレンドがやってきます弱いトレンド 強いトレンド というものが強弱ついているだけですつまりはこのトレンドという相場現象に対して上手くついていく必要があります上手くついていくには相応についていける分析でなければなりませんこの時に使いやすいのがエンベロープですエンベロープではバンド幅を使う事で上手

増資はナメクジみたいなトレードを続ける事を認める事

2020/02/13 00:04:48

0

儲けられるようでいて儲けられない増やそうと思ったらナメクジみたいなトレードを容認しなければならない結局やる事は兼業レベルそういうトレードだとローリスクがデフォルトだから資産推移も遅くなる専業でやるんだったら、相応に積極的なトレードにするべきそれで儲からないんだったら兼業でナメクジトレードで増やす方が生き方的にも健康的だと思う専業以外でやるんだったら、結局は時間を待ったトレード以外には有り得ないから

トレードは完璧を求めるべき

2020/02/11 15:37:38

0

トレードは完璧を求めたら負けるというがそれは無いそもそも理論的に完璧を求めなければ増えないから単にナンピンだとかそういう負になる要素を「極力減らす作業」こそが大事であって完璧を求める事は悪いわけではない それを理論体系化する事こそが重要完璧と言われてる所以のトレード途転とナンピン これに関してのトレードロジックだと思う結局は相場ではナメクジのように時間を待たなければ・相場の切り替わりが分からない・

かもしれない相場 と バイアス認識

2020/02/10 12:12:33

0

長期のトレンドに作用はされるがそれは「かもしれない相場」だから使ってる時間足のトレンド張りすればいいだけ長期のトレンドが作用しなかったら、大損食らうだけであって何の優位性も無い全て「かもしれない相場」にしかならないから順張りかトレンド張りでやるのが全て これ全てバイアス認識でのトレード順張りしようとすれば負けるの大半だからバイアスでトレードするしか無くなるその最後に本番の順張り・トレンド相場がある

逆指標の聖杯の観点

2020/02/09 15:43:12

0

逆指標の聖杯の観点時間を待っている事 or 利益が伸びているのを待っている事逆指標は負けている事が多いその後に利益のパターンで回収しているカジノでいうと回収パターン順張り逆張りどちらもやると利益が出ると言われている逆指標と正指標を利用してみる正指標をそのまま利用すると負けていく正指標逆張りゼロカットタイプ=ミドルリスク型のナンピン逆指標順張りストップロスタイプ=ローリスク型の再縮小足で見た方が良い

3時間待機トレード

2020/02/08 12:21:32

0

3時間でトレードそれ以下はナンピンしなければ無理で資金効率が悪くなるだけ形だけ見る為だけだから3時間待機のトレード ナンピンにもならない待機型以外はナンピンしなければ儲からない1ショット判断としても利益が伸びない3、6待機の仕掛けトレードが効率が良い1万からスタート増やせるかを試すだけ出来なかったら12時間で仕掛けトレードだけする一つに絞るなら仕掛けトレード一つに絞らないこと利益が伸びていくトレー

FXやる上で教科書にも載っていない「一番重要な事」

2020/02/07 23:15:33

0

何故トレードで負けるのかそれは絶対の確率で重要な事があるそれはトレードロジックが向いてるかどうかの問題これは順張り逆張りとかの類では無い順張り逆張りは「トレードロジックでは無い」トレードロジックとは「どのように増やしてどのように減っていくか」というタイプ別なのがトレードロジックだこれは教科書にも載っていない「一番重要な事」多分この3つのタイプしか存在しない100pipsを%で考えてリセットなら10

攻める時は攻めるトレードをした方がいい

2020/02/06 10:24:23

0

ストップトレードだと逆張りは優位性が無い=トレンドトレードでは無いからレンジトレードは勝率が物を言う相場は勢いで向かう だから基本的にはトレンドとなっている時にトレードする以外に優位性が存在しないストップトレード=トレンド狙ってトレードするだけストップトレード=トレンドだけ狙うだけ トレンド以外「全て休憩」よく教科書では正しい仕掛けが順張りだとあるがまず通用しない そういうので長引く相場はそういう

ストップロス型とリセット型のトレードロジック

2020/02/05 18:40:55

0

波動特化の1ショット・ナンピン自分はこれだけやっている相場を全制覇している負けても増やせる自信だけある推奨するトレード1、安定したトレードロジックのストップロストレードで確実に増やす投資型の増資トレード2、利益追求型のトレードロジック 預金口座移動させてリセット型トレード相場は波動パターンの積み重ねだから相場の波動だけ狙ったストップロストレードが一番儲かるトレードで誰もが苦手な部分「方向転換」つま

ナンピンで儲けられる相場でナンピンしていくだけ

2020/02/04 10:36:10

0

ナンピン形式の相場ナンピンで儲けられる相場でナンピンしていくだけナンピンで儲けられない相場でそのままトレンド方向へナンピンしていくだけナンピン=戻らなければ利益が出ない相場が向かっている場合はそれまで放置やってる事自体は間違っていないしかし損の確定する瞬間そのものが無いしかし確定していないからこそ増やせる↑だからここの徹底ぶりだけが全てナンピンが増えるように見えるのは階段式相場しか見ていないから、

単純な増資のカラクリ

2020/02/04 00:09:55

0

単純な増資のカラクリ相場で言えばローリスクハイリターンと同じ要領を行っているだけに過ぎないそれがたまたまピラ放置だったというだけピラ放置=相場に全張り時間待機の予約トレード=相場の有効性だけトレード時間待機で一定期間に1回だけの1ショットがトレードの神髄forex streetがずっと増やせているのは1:1などレンジ・トレンドでの戦略が普遍的だから相場で普遍的に起こり得る事象を元にロジック化すれば

機械的な動作で増資するには相場対応型で無ければならない

2020/02/01 18:00:44

0

機械的な動作で増資するには相場対応型で無ければならないレンジで見るのではなく価格のトレンドに応じてのトレード増減を繰り返すのは当然の処置途転マーチンも損切りしているようなものだから相場に応じて「必ず利益の出る瞬間がある」というものが「聖杯」であってそれは数字やロジック賭けで掴めるものでなければ聖杯とは呼べないつまりは、トレードすれば必ず増えている算段になっていなければならないこれは価格への戦略に対

相場は 予約トレード と 一定時間オンリートレード

2020/01/31 14:56:21

0

確率思考とか駆け引き思考とか言ってるけど結局は、買い売りなどトレードを逆転させる事に昇華されるだけで、負けたら負け続けたりするから確率思考を考えるのならそれを理論体系にするなら、一定時間内で予約トレードかエントリー1回だけで終わるトレード→結果を時間待機これの繰り返し12時間待機→予約トレード・方向性フォロートレンド3時間待機でトレンドエントリー→12時間待機12時間待機で無いと相場が動かない結果

相場にある「確実性」と「永劫的」と「一定期間的」と「増減効率」とがなければ増資では無い

2020/01/30 10:59:35

0

ナンピントレードが何故良いのかいつも取引していつも利益を出しているから確率思考の部類に値する駆け引きという点で幾つも回数を続けているから時間待機などは慎重システム一つだけナンピントレードの場合は反射システムと熟考システムを兼ね備えているからつまりは駆け引きに強くなれるからという事に尽きる自分はナンピントレードしておいて増やしていける人こそが本物のトレーダーだと思っている反射システムと熟考システムを

ローリスクハイリターンへと至るスパイラル

2020/01/29 17:19:09

0

レンジという概念は存在しない相場というのはレンジは無いレンジと呼ばれているのはトレンドの横ばいというだけレンジを信じるとレンジに支配されるレンジでトレードして失敗すると横ばいしか信じることが出来なくなるトレンドも階段式しか信じれなくなるトレンドが横ばいになったり角度になったりするだけ価格のせめぎ合いで相場が動いてる訳では無いそれに対しての比重によって相場が動いてるだけ実際は、価格の抵抗支持は脆弱な

相場は最初から正解も方向性も無い

2020/01/28 15:10:19

0

初めに言っておきますが相場には最初から正解もクソもありません何故なら正解があるなら自動売買で直ぐに増えていきますしかし自動売買では資金管理を駆使していかなければ増えないようになっていますイコールで相場はランダムウォークのようでいて尚且つ、それは自動売買のロジックを増やさないような動きをするからです確かにトレンドには動きますがそれはいつ動くかは分りませんしまずそのトレンドへの動きが正確ではありません
雨宮

FXとBOで生計立てている専業トレーダーです 新鮮な情報を無料と有料で提供しております 良ければ見ていって下さい