This website requires JavaScript.

FXトレードで増資する為の戦略・メンタルなど記述しているブログです

ストップロスは利益率 という考え

2020/05/09 18:52:30

0

ストップロスは利益率 だからナンピンはクソ=ではないナンピンは1回のみにして 普段をローリスクとすればミドルリスク的な損切り位置に設定する そんで、ナンピン1回分だけ入れるこれで、利益率が高くなる成功しても失敗しても1回分だけだと相殺的にそんなに悪くはならないこういうのが利益率ストップロスでの利益率で考える

ストップロストレードするなら絶対に利益率

2020/05/08 13:45:32

0

普通に考えてストップロストレードするなら絶対に利益率1:1は全くトレードする価値が無い1:2も価値の無さが目立つ相場が結局その方向に伸びた場合最初の1:〇にしているだけで利益が極端に伸びるまた、基本的に相場は狭いレンジ形成ノイズの多いレンジ形成をする為、1:2などのロジックは回数をこなして成功する回数を常にキープしなければ利益が残らないしかし方向性にだけ向いた取引は基本的に「伸びる可能性への利益率

トレンド出ている時なんて、順張りだろうと何でも勝てる

2020/05/07 19:06:25

0

トレンド出ている時なんて、順張りだろうと何でも勝てる基本的に順張りストップロスだけ その内順張りが成功して勝つってだけライントレードするくらいならトレンドを推し量ってトレードするくらいなら指標入れるだけ邪魔になるだけストップロストレードでするならメインチャートだけの方が絶対に良い指標でストップロストレードしたら面白い程負けやすいトレンドフォローでのエンベロープ逆張りはまぐれ勝ち順張りブレイクで入る

相場の動向はエンベロープで中期長期見て相場の動向探れ探り続けろ

2020/05/05 14:56:48

0

相場の均衡が崩れる場所トレンドフォローブレイク後のブレイク戻しレンジフォローブレイクトレンドウェッジ型ブレイクレンジブレイク急行トレンドフォロー全て30分足あたりで起こる事逆張りの方が勝てそうに見えるが相場の動向時では常に相場観は変化する後の相場を見て逆張りが勝てそうに反発系が勝てそうに思えるだけ実際はトレンド狙いでいかないと入れない相場は長期的に動くがローソク足チャートで加味していないし長期時間

相場観測とストップロスのススメ

2020/05/05 07:37:12

0

相場が動く時点でストップロスは不利相場を1ショットでトレードするのはもっと不利ナンピンしていきながら相場をトレードしていくしかない相場の通貨を変えて再トレードは意味が無い同じ動きするから 相関性があるから 結局往復損の原因になる途転ナンピンが正解だけど、逆を考えれば間違えれば往復損でしかない相場の正解を狙うストップロスの場合完全に30分、1時間足での相場観測でのトレードでなければ全く持って無意味 

ストップロス上の不安要素

2020/05/04 12:02:13

0

ストップロス本当に順張りするだけで儲かるのか?本当にトレンド狙うだけで儲かるのか?本当に逆張りすると負けるのか?本当にナンピンすると負けるのか?全て相場の結果次第結果的にトレンドが長続きしているからそれの利益幅で「結果保ってるだけ」結果の保ち具合で成り立っているストップロスで1:1してたらまず儲からない ストップロスの意味が無い相場の「結果」増資ロジックは「結果の保ち具合」損小利大は「結果の保ち具

ストップロスはその特性上、逆張りは不向き

2020/05/03 08:17:55

0

ストップロスはその特性上、逆張りは不向き逆張りはタイミングを計らなければならないし損が増えていくと、それだけタイミングがずれるし相場観に影響されるまた、逆張りのタイミングがころころ変わるので、その変化を捉える事は出来ない結局結果論で見れば「エントリー出来るように思える」だけであり本当の所は、実際の相場ではタイミングが外れるのが正解だから基本的には逆張りをするにあたってはトレンドトレードでしかやる事

分析は何も入れない方がいい理由

2020/05/02 07:10:59

0

何も入れない方がいい多分、一つでも指標があるとそれだけでその指標に縛られる=利益出なくなる結局、駄目な部分って、付いていけない事だからそれだけどうにか出来れば指標は邪魔にしかならない どこまでいっても指標は一つでいい二つにする必要が無い二つ=ナンピン多様になるしその指標の意味性が無い指標は全体的なものになると邪魔にしかならないトレンドを狙うにしても指標が逆に邪魔になってノイズにしかならない絶対性が

トレードに最適化出来ると思った分析指標は使えないものが多い

2020/05/01 13:12:16

0

トレードに最適化出来ると思った分析指標は使えないものが多いそれは細かく取り入れれる系は実際相場で使うと相場がそもそも再帰性理論とプロスペクト理論で回っているのでランダムウォーク性に基づいた動きとなるからつまりは後出しでのダウ理論でしかそれを確かめれる術は無いからだからこの場合、何が使えるかというと全体の相場のサイクル上の動きへ付いていく指標であるそれを考えるとRSIとフラクタルは使いやすく感じるト

トレンドフォローブレイクアウトシステム

2020/04/30 21:33:09

0

トレンドフォローブレイクアウトシステムトレンドフォローを長期時間足で取り入れる場合も同様にブレイクアウトが好ましいですこれは短期時間足的にフラッグ型として稼働している状態になるからです短期時間足的にはトレンド相場が反転していてトレンドをある程度形成してきていますこの時に、短期的トレーダーがポジションを乗り換えていますその時に、長期時間足がトレンドを再開すると短期時間足はフラッグ型という結果に終わり

ボックスブレイクアウト手法

2020/04/29 18:56:33

0

15分足ユーロドル ポンドドルなどドル通貨が良好ですボックスブレイクアウトとしましては中心線を所有する事が望ましいですボックス相場というのはMAの乖離の上下を動いている状態の事を言いますですからエンベロープのバンド内を動いているようなものですねしかしエンベロープはデフォルトで0.1%ですつまりはMAの上下に10pips空けている「だけ」なんですですからエンベロープを0.2%にしてもそれはMAの乖離

勝率は幻想

2020/04/28 22:54:04

0

勝率が本当に50%であるならば逆マーチンゲールを駆使していればいずれは統計的に勝っているしかし勝率50%など統計的に有り得ない勝率50%を狙うと勝率30~70%が出現する利益率10%を狙うと利益率7~12%が出現する勝率を考えると利益率が減る全てを「勝率に拘る」ので「利益率が付いてこない」事になるから利益率を考えると勝率が悪くなる利益率に拘る事で勝率悪くなっても「利益率が付いてくる」事になるので結

ボックス相場ブレイクとフォロー をサポレジでシステマチックに行う

2020/04/28 12:50:37

0

ボックス相場というのは水平サポレジ、角度サポレジ とくっきり存在している訳では無いです具体的に言えばボックス相場=角度サポレジと思った方がいいでしょう水平サポレジもありますが、基本は角度サポレジですまた、サポレジフォロー+角度サポレジブレイクフォローも成立します長期的なサポレジが機能する→前時間足の角度サポレジがブレイクする→その方向へのトレンドラインにタッチしたのでフォローといったようにですサポ

トレンドラインサポレジでブレイクとフォローをする

2020/04/27 21:58:53

0

トレンドラインをブレイクした後にブレイクした方向でのトレンドラインのフォローで入りますこれは同様に水平サポレジでも成立する考えです実際の相場の動きに対して水平サポレジ、角度サポレジ(トレンドライン)を使い分けていきますサポレジ相場→ブレイク割れが基本の戦略です遅くてもトレンドには間に合うというのは長期時間足を考えれば遅くて構わない という考えから来ています何故水平サポレジ→ブレイクは失敗しやすいの

トレンドを追い続ける方法

2020/04/26 23:11:57

0

4時間足表示します30MAと60MAを表示させますMAクロスをトレンドと考えます トレンドフォローを60MAで追っていきますトレンド相場が出る事を確認しますトレンド相場が逆方向へと転換している事を確認しますその確認としてトレンドラインのサポレジを確認しますその後に、トレンドラインをブレイクするとフラッグを形成するので順張りエントリーしますこのエントリータイミングは非常に有能です何故かと言うと1、ト

サポレジの効く相場

2020/03/11 23:46:08

0

トレンド方向のトレンドライン天井で逆張り設置水平サポレジを方向の底として逆張り設置水平サポレジと角度サポレジで逆張り設置出来ます基本はストップロスをどの相場でも応用する場合「形」の意識が必要ですつまりはエンベロープがこの時必要になりますそれはサポレジを軸に相場が動いているからですその動きは必ず移動平均線に反映されるからですねそのエンベロープの上で動いているチャートのサポレジを意識すると分かりやすく

トレンドを追い続ける方法

2020/03/11 23:46:08

0

4時間足表示します30MAと60MAを表示させますMAクロスをトレンドと考えます トレンドフォローを60MAで追っていきますトレンド相場が出る事を確認しますトレンド相場が逆方向へと転換している事を確認しますその確認としてトレンドラインのサポレジを確認しますその後に、トレンドラインをブレイクするとフラッグを形成するので順張りエントリーしますこのエントリータイミングは非常に有能です何故かと言うと1、ト

ストップロストレードで考える

2020/03/11 23:46:07

0

逆張りが効く場所としてはサポレジ これだけですそれ以外はトレンド時のサポレジではありますけどトレンド時こそ順張りの使い時なんですねトレンドだとするならば、順張りで良いはずなんです何故なら、そこで逆張りロジックの要領でトレンドで入ってしまいますと必ずナンピンのようにストップロスを入れてしまいがちになりますこれはもう逆張り目線のトレードと同じで何度もやってしまうものなんですだから必ず逆張りというのはレ

何で長期時間足の順張りが有効だと言えるのか

2020/03/11 23:46:06

0

順張りというのは逆張りと違って損が最初に出てきて後から利益が伸びるロジックですそして短期時間足はノイズあり+伸びてもpipsが大きくないというデメリットがあります長期時間足はノイズ少ない+伸びた時pipsが大きいというメリットがあります逆張りロジックの場合利益が次々と出続けて、最後に損切りしないと逃れられない相場が来ますかと言って、サポレジブレイクで損切を決めるとしたところで損が多くなるだけで、利

増資はナメクジみたいなトレードを続ける事を認める事

2020/03/11 23:46:04

0

儲けられるようでいて儲けられない増やそうと思ったらナメクジみたいなトレードを容認しなければならない結局やる事は兼業レベルそういうトレードだとローリスクがデフォルトだから資産推移も遅くなる専業でやるんだったら、相応に積極的なトレードにするべきそれで儲からないんだったら兼業でナメクジトレードで増やす方が生き方的にも健康的だと思う専業以外でやるんだったら、結局は時間を待ったトレード以外には有り得ないから
雨宮

FXとBOで生計立てている専業トレーダーです 新鮮な情報を無料と有料で提供しております 良ければ見ていって下さい