This website requires JavaScript.

MT4やMT5のEAを使ったEAのレビューや自作EAの紹介


EAは自分で作る時代へ!EA作成のハードルを下げる「3ブロック記述」を採用したEAプログラミングセミナーがスゴイ

2019年8月24日 22:21公開 / 2019年9月17日 11:11更新


EAを運用するためにはロジックが分かっていた方が絶対いい


市販されているEAのほとんどはロジックが公開されていません。

もちろんEA-HANA-Dev.Editionのようにエントリー、決済ロジックをすべて公開しているようなEAもありますが、ほとんどのEAは詳細なロジックを明らかにしていないのです。

そのため調子が悪くなった時になぜ調子が悪いのかという判断をすることが出来ず、運用を止めようかそれとも我慢して使い続けるのか判断が非常に難しくなります。

そんな時に頼りになるのがEAつくーるです。一般的なインジケーターを使ったロジックを簡単にEA化することが出来ます。オプション機能も豊富なので凝ったロジックを作るのでなかったらこれで十分対応できるのではないかと思います。

EAつくーるで作成するのが面倒な人はゴゴジャンの投資クラウドソーシングを利用するという方法もあります。開発者にトレード手法を伝えればEA化してくれます。

開発者にロジックが分かってしまうのが欠点ですが、パラメーターや通貨ペアを明らかにしなければほぼ大丈夫だと思います。開発者もそれほど暇ではありませんから(笑)


やる気のある人はプログラミングを勉強するという選択肢も


EAつくーるや投資クラウドサービスでEAを作成するという方法もありますが、やはり最終的には自分の手でプログラムをしてみたいですよね。EAつくーるでもたいていのことは出来るのですが、ちょっと複雑なことをやろうとしたらプログラムを書き換えなければいけないので多少はプログラムの知識が必要になってくるのです。

どうせプログラムを弄るんだったら最初っからちゃんと勉強した方が手っ取り早い気もしますね。

ところが多くの人はEAで自動売買をするまではプログラムというものに触れる機会はなかったはずです。一から勉強するとなるとハードルが高すぎるので挫折する人も少なくありません。

簡単に勉強する方法があればいいんですけどね。

3ブロック記述法を採用したEAプログラミングセミナー


MT4のプログラミングを解説した書籍もいくつかあるのですが、プログラムが羅列されたページを見ると思わず本を閉じたくなってしまいますよね(^^;)

カラーでイラスト付きの参考書しか使ったことがない人にとって、モノクロの本はご法度です(笑)

やっぱり色がついてなくちゃ(*^^*)

というわけで今回お勧めしたいのが「EAプログラミングセミナー」というオンラインでEAのプログラミングを教えてくれるサービスです。


このセミナーで一番気になったのが3ブロック記述法という考え方です。プログラムを3つのブロックに分けて記述することで「どこに」「何が」記述してあるのかを明確にしようというのが狙いのようです。


3ブロック記述法を一回覚えてしまえば、様々なロジックに応用が利くような感じなのでしょうか、非常に興味があります。

ソースコード付きEA「SwingSystem for Developer」が特典として付いてくる


このセミナーでは特典としてソースコード付きEA「SwingSystem for Developer」が付いてきます。

ソースコード付きのEAということはロジックから何まで全てをさらけ出しているということなので、初心者EAプログラマーにとってはかなり参考になるはずです。

しかもこのEAはバックテストだけでなくフォワードテストも優秀なので、そのまま使用するという選択肢もあるでしょう。

【SwingSystem for Developerバックテスト結果】





【SwingSystem for Developeフォワードテスト結果】





なんとこのEAは改変して販売(.ex4ファイルに限る)することも出来るので開発者としてデビューすることも夢ではありません(笑)

365日間(1年間)のメールサポートもあるらしい


オンラインセミナーだけで理解できればいいのですが、実際には些細なことで躓いてしまうこともあると思います。そんな時に嬉しいのがメールサポートです。

EAプログラミングセミナーではなんと365日間のメールサポートを利用することが出来ます。

セミナー内容(ロジック・ソースコードの解説)に限りますのでくれぐれも人生相談などを送ったりしないようにしましょう(笑)

期間内のサポート回数に上限はないのでわからないことはガンガン質問してしまいましょう。

なかなか充実した内容なのですが、個人的にはソースコード付きのEA SwingSystem for Develope が欲しくてたまりません!


2019年8月24日 22:21公開/ 2019年9月17日 11:11更新

0