This website requires JavaScript.

FX友達を作るべきかどうかージェシー・リバモアさんの本を読みました

2019年4月6日 14:09公開 / 2019年8月26日 00:10更新

私は人間関係が苦手だから「FXで少しでもお金作って人間関係と離れていられるようにしよう」という動機でした。


以前どうしても勝てなかった頃にネットを探しまくったら、何度も見たのが「友達を作ると上達しやすいし続けやすい」みたいなアドバイスでした。


人間関係は苦手だけど、偶然なにかの業者さんのセミナーで珍しい同年代の女性と知り合ったので女性同士ということで仲良くなり、結局男性も含めて4人ほどのグループができました。


ライングループを作ってくれたのですが、やっぱり苦手でした。


「これって○○波動だよね」

「今は仮想通貨だよ」


というようなメッセージが流れてくるので、やっぱり苦手だということで私だけスーッと消えました。


良いときいていたのになかなか読まなかった「世紀の相場師 ジェシー・リバモア」を読んでいると、リバモアさんも”取引はひとりで、自分の口座のためにのみ”とルールを決めていたそうです。


こんなすごい人もひとりでトレードしていたんだなというわけで、「なんだトレード仲間とか作んなくてもいいんだ」と思いました。


トレーダーそれぞれに適した手法とかルールがあるだろうし、自分のそれを見つけるのが先、というのがわかったのがネットで勝ち方を検索しまくった挙句だというのが皮肉なところです。


とにかく無茶な情報商材を買わされなかっただけましなのかなと思っています。

その頃はゴゴジャンさんもなかった。もしくはメジャーじゃなかった。

2019年4月6日 14:09公開/ 2019年8月26日 00:10更新

0