This website requires JavaScript.

システムトレードについて


FXのシステムトレードを行う際のデメリット

2019年4月13日 06:47公開 / 2019年12月9日 00:15更新

FXのシステムトレードを行う際に、1円円高になったらドルを買って、1円円安になったらドルを売ると言うシステムトレードを利用している場合、確実に利益を得る事が出来るとは限らないと言う事を考えておいた方が良いでしょう。


この様なシステムトレードを利用する場合は、常に為替相場上で上下変動がある場合に有効な手法になります。


為替相場が上下変動を繰り返しているのであれば、利益を得る事も簡単に出来ると思います。


しかし、この方法でもデメリットがあります。


例えば円高が続いた場合、1円円高になる毎に購入しますので買い続ける事になります。


こうなると含み損が多くなってしまうのです。


また、一気に円安になってしまった場合、買った分のポジションを取る事が出来ないので結局は損をする事になってしまうと言うデメリットが出る事になります。


とは言う物の、長い間円高が続いたり、円安が続いたりと言う事はあまり無いと考えられます。ゆっくり円高に鳴り続けていたとしても細かく上下変動を繰り返していると思いますので、それによって利益は得られると考える方が自然かもしれません。


だからと言って一気に1万ドルを10万ドルで買う様にするのは、失敗をする危険性があるので止めておいた方がいいでしょう。


システムトレードに限らず、投資をする時の一番の大敵は「欲」だと言われています。


感情に任せず、ルールに従って機械的にやるからこしシステムトレードはとても効率が良い戦略になるのではないかと思うのです。

2019年4月13日 06:47公開/ 2019年12月9日 00:15更新

0