This website requires JavaScript.

EAの開発・検証等


システム開発の考え方について。


こんにちは。systemcreationのkeiです。


今回は販売させて頂いておりますシステムについてお話させていただきます。


私自身、裁量出身のトレーダーで、トレード歴はもう10年にはなるかと思います。


三度の飯よりチャートが好き!!くらいのテクニカルマニアです。


私の販売させていただいておりますシステムはもともと自分用に開発したシステムです。


システムを売りたい!!システムで稼ぎたい!!というよりは、自分で使うために開発し、


いいものができたからお裾分けしようかな?できればみんなで稼げたらよいね!(投資の世界では通用


しない考えですが・・・)というのが正直な気持ちです。


それでは、今現在あるシステムのお話をさせていただきます。


Allegroシリーズはスキャルピングシステムで5分足のシステムで、こちらを開発した経緯は

ある有名なトレーダーさんとトレード手法についてお話をしていたときに、もともと私自身は

スキャルピングはめったにやらないのですが、この手法なら優位性があるかも!と思いつき開発致しました。

4時間足、1時間足でフィルターをかけ、トレンドフォローによるエントリーをします。

ですので、4時間足がレンジであると苦手相場となる傾向がございます。

ベースとなるロジックは移動平均線です。


Dynamicoシリーズはスイングトレードシステムで1時間足でトレードを行います。

こちらのシリーズは販売登録前から2年近く自分自身使っておりました。

こちらはもともとスイングトレーダーであった私がトレードを楽にするために開発しました。

自身では単品で使うことはなく8通貨ペアで使用し、利確は裁量で行っておりましたが、

単品でも使えたものだけ出品致しました。こちらも4時間足ベースでトレンドを把握し、

1時間足でのエントリーをします。

ベースとなるロジックは移動平均線と一目均衡表です。


QuartettoシリーズはスイングトレードシステムでDynamicoよりエントリー回数を増やした15分足でのトレードを行います。

どうしてもDynamicoだけではトレード回数が少なくポートフォリオを組むためにはAllegroとDymanicoの中間にシステムが必要なため開発いたしました。

こちらもDynamicoと合わせて1年間ポートフォリオを組んで実際に使用しておりました。

その中の1部を出品させていただきました。

ベースとなるロジックは移動平均線です。


Legatoシリーズは当時手法にこだわっていた知人にトレードの真髄(リスクとリターンの大切さ)を

教えるために開発しそれを完全自動化に落とし込んで検証を繰り返し出品致しました。

こちらのシリーズからいかに裁量に近いトレードができるか、年々相場の流れが変わる中、いかに

優位性を持たせるか?を考えテクニカルマニアである自分が今までのテクニカルの考え方を変え、

トレードの考え方も変え、極力インジケーターを少なくし時代と流れに合わせられるのかを考えて

開発したシステムです。

ベースとなるロジックはローソク足とストキャスのみです。


SimplePlanシリーズは複数ポジションによるトレードスタイルでlegatoシリーズのようにいかにシンプルなトレードを実現できるか!?を考え、検証、開発を繰り返し出品させて頂きました。

こちらもインジケーターは極力抑えております。

しばらくはlegatoとSimplePlanをベースに考えていきたいと思います。

ベースとなるロジックはローソク足とボリンジャーバンドです。


以上です。


最後までお読みいただきありがとうございます。


これからも、無名の開発者として売るためのシステムではなく、リアルな裁量トレード由来の

システム作りを心がけていきたいと思います。


Systemcreation 






2019年4月18日 21:47公開/ 2019年9月23日 00:11更新

0


Kei

・システム開発経緯   投資歴は10年近くになりますが、初めは裁量トレードで本業をしながら   合間にトレードをしていました。   ある時、某証券会社にて自動売買のシステムがあるのを知り、口座を開設。   単に成績の良い右肩上がりのシステムを複数選び、半年後資金が底をつきました。   しばらくしてMT4の存在を知り自分でシステムを作れる事がわかり、ひたすら   数百ものシステムを作りました。   初めはバックテストが直線状に右肩上がりでPFも年間4以上、時には10以上のシステム   を作り運用していましたが、負けたときのリスクがどうしてもあるので、もっと   裁量トレードのような人間的な収益グラフを描くものの方が安心して使えるように   なり、PFも1.2から1.4あたりの緩やかなEA開発を心がけるようになりました。   成績は派手ではないですが今では9つほどのシステムを使い運用しております。   折角なので公開できそうなものを皆様に公開していきたいと思っております。     よろしくお願い致します。