This website requires JavaScript.

徒然なるままに、日くらし


EA開発で陥る罠(MT4アップデート編)

2019年4月15日 23:26公開 / 2020年6月2日 19:05更新

MT4、MT5でEA開発をするときの注意点があるのか、、、

といえば、ありありなのですが

 

MQL言語自体は、C言語を元にしているので

もし欠陥があるとすればC言語のそれと同じ。

ただし、OnTickやOnTimer自体をループに見立てて組むのが正しく

その枠の中での無限ループなどは厳禁です。
必ずドコかで一旦終了するようにしなければいけない。
CPUを専有した挙げ句フリーズするので。
 
さて、以上の点はどうでも良くて
EA開発で厄介になる「落とし穴の落とし穴」があったりします。

何のことでしょうか、、、

 

メタトレーダーのアップデートで「落とし穴(バグ)」の位置が変わるという「落とし穴」

まさに「落とし穴の落とし穴」

 

メタトレーダーは、今日に至るまで、無数のアップデートを繰り返してきました。

バグを修正するためであったり、新機能を追加したり

仕様を変更するために。

 

ところが、アップデートのたびに

「あるバグを潰すのと引き換えに、新しい別のバグを作る」

「新機能を追加するために、新しいバグを作る」

「仕様を変更するたびに、新しいバグを作る」

以上の事を繰り返してきました。

 

MT4Builtアップデート前まで使えた機能が、アップデート後に使えなくなる(その後、再アップデートでまた使えるなど)

MT4Builtアップデート前まで正常に動いていたものが、アップデート後に誤作動を起こす。

 

これに尽きるのではないかと思う。

特に見えない部分は、誤動作していることに気が付かないことも多い。

騒ぎになって、ようやくオカシイと気がついて、変数の中身まで徹底して調査して・・・・・

 

結構厄介だったりします。

年始からの誤動作でDELTA2がVer1.10になったのは、これに該当します。

2019年4月15日 23:26公開/ 2020年6月2日 19:05更新

0


ベアちゃん@東京シストレ

関東財務局許認可ファンド会社&IT会社&もう1社で3社の社長 ラジオ日経に不定期で出演 FX某社アワード(イスラエル・トレーデンシー)2015年最優秀賞(6000EA中) リアル東京都港区民 【Twitter】@TokyoSystems 【FaceBook】https://www.facebook.com/TokyoSystemTrade 基本的に、ゴゴジャン経由の質問などは見落とすことが多いので 返信が来ない、若しくは返信がものすご~く遅くなります。 また、当方ではなくゴゴジャンサポートに連絡しても、返事が全く帰ってこない場合がありますので ウチの公式ツイッターDM、公式FaceBookから、私へのコンタクトを推奨します。