This website requires JavaScript.

EAを作りすぎた開発者が検証班を募集するらしいです


トレードステーションで株の自動売買プログラムを作るやり方16 インジケーターのコード上でプロパティ設定

2019年6月16日 12:36公開 / 2019年9月17日 00:11更新

EasyLanguageのインジケーターの線の太さや色などのプロパティは
基本的にはプロパティ画面で設定します。

bandicam 2017-10-07 10-08-06-792

しかし、MQLのようにソースコード上での指定も可能です。

ソースコード上にないのに色や太さなどが定義されているのは
少し感覚的に気持ち悪いので、コード上で指定したいと思います。

プロット番号は、PlotXのXです。
1~99まで可能です。(なんで0からじゃないの)

DataTypeは

名前 値
ptDate 25
ptDateTime 27
ptDouble 28
ptFloat 29
ptInvalid 3
ptProbability 4
ptString 2
ptTime 26
ptTrueFalse 1

から指定します。

bandicam 2017-10-07 10-09-05-144

今回はこれだけです。

2019年6月16日 12:36公開/ 2019年9月17日 00:11更新

0